色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

爆笑!「白い恋人」

アトリエでは、作業しながらおしゃべりしたり、いつの間にかみんなで歌を口ずさんでいたりということが時々あるのですが、今週は「白い恋人」をめぐる会話で大爆笑でした。

この日は2年、4年、6年の男子と2年生女子の4人のメンバー。


6年生の男子くんが「白い恋人」というクッキーの空き箱に木切れをいれて、
「白い恋人ですよー。ひとついかがですかー」とおみやげ屋の店員さんのようにして、みんなを相手に遊んでいました。

黒い恋人もありますよー」というので、それは面白いと思って「それってどんな恋人ですかー?」と聞いてみました。

すると「そりゃあ、やっぱり『黒い恋人』ですからねぇ、いろいろ考えていて自分でなんにもやらないで全部おごってもらうとかですよ」という答え。

悲しいとか暗いとかいうイメージではなくて、そっちなんだ。でもいかにもありそう。
聞いてたみんなも「黒い」「黒い」と大喜びで、そこからいろんな色の心理的意味を含んだ恋人が次々にでてきました。


「『白い恋人』はまあ普通の恋人で、『真っ白い恋人』というのもありますよー」
「それは、すぐにあせって頭が真っ白になったり、なんでもすぐに忘れて記憶が無くなる恋人のことですよー」
なんとシリアスでリアルな答えでしょう。そんな恋人だったら大変じゃないですか。
でもそれって、まさに私のことだし。




2年生の女の子も
『黄色い恋人』は光ってるからきれいな恋人ー!」
「 『赤い恋人』は自分が恋人になるんじゃなくて、恋人になりたい人を応援する恋人だよー」とかわいい意見。

そうか赤は、応援したり頑張れって元気づけるイメージなのね。なんだか心があったかくなります。

『茶色い恋人』もなんか言ってたなあ。残念、聞き逃してしまいました。

それにしても一番みんなに受けていたのが『ずるい恋人』。
『ずるい恋人』は浮気したり何人もとつきあったりする恋人のことだそうで、なんどもなんども口にしてみんな笑い転げていました。ちょっと大人でちょっといけない言葉は、子どもたちは大好きで、一旦始まるととエンドレスになってしまいます。

でもこの『ずるい恋人』は何色なのでしょう。考えてみるといろんな色がでてきそうです。

子どもたちの色に対するイメージがとてもユーモラスで、笑いの中にも本当にうなづけるような真実があって、その色彩感覚に感心させられました。

私たちは赤はこういう意味、白はこんな心理と勉強しながら経験をつんできたけど、色に対する子どもたちの瞬発力やいきいきした感性のほうがずっといいなと思った時間でした。私も久しぶりによく笑いました。



  • 同じカテゴリー(アトリエ・コスモス)の記事画像
    寄り道・回り道する自由、失敗する自由
    6年生の日本画体験授業
    夏から秋へ!季節も人生も
    ハートアート展終了しました。
    ハートアート展、やってます!!
    説明するってむずかしい
    同じカテゴリー(アトリエ・コスモス)の記事
     寄り道・回り道する自由、失敗する自由 (2017-10-19 23:26)
     6年生の日本画体験授業 (2017-09-16 11:27)
     夏から秋へ!季節も人生も (2017-09-04 11:54)
     ハートアート展終了しました。 (2017-08-01 14:41)
     ハートアート展、やってます!! (2017-07-27 22:50)
     説明するってむずかしい (2017-06-17 13:39)

    この記事へのコメント
    ずるい恋人か・・・・
    どんな色なんでしょうね。
    その色だけには、染まらない様にしなくちゃ!

    ボクは、青い恋人でいたいなぁ~
    青い色から連想されるクールな男でいたいから(^^;
    Posted by furu at 2017年05月13日 15:56
    うわぁ、furuさんカッコよすぎー!
    私なんか真っ白い恋人ですよ!!
    Posted by turuturu at 2017年05月14日 07:50
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    爆笑!「白い恋人」
      コメント(2)