色彩は「もう一つの心の言葉」です。 色は私たちの感情や記憶と深くむすびつきながら日々を豊かに彩り、心身に様々な作用を及ぼしています。色を使った表現を通して心を元気にしたり自分らしさを育てたりするアートセラピーを社会に活かしていきたいと思っています。

説明するってむずかしい


さて「ハートアート展」が近づきなんだかんだと忙しい毎日です。http://heart-art-project.com/



そんな中、昨日は「元気ひろばおれんじ」で月に一回の大人のアトリエでした。

ここ数回は、おかげさまで4名のかたの参加を得て、教室らしい雰囲気になってきました。
男性の方の参加もあり、ちょっといい意味の緊張感もあります。

男性は女性に比べて「分からないこと」や「あいまいに感じること」が苦手です。、その分論理的に理解しようとされます。

たとえば、なぜこのかたちなのか。
なぜこの影なのか。
色はどのように作るのか、出来るのか。など・・・。


そういえば、あまりそういうふうに考えたことがなく、私などは小さいころから描くのが好きで、それらは体験的に得てきたといえます。
子どもたちとのアトリエも基本は自由なので、あまり具体的な言葉による指導というのもありません。

もちろん、「少し暗い色にしたら重そうにみえるかなあ」とか「うすい色にしたら遠くに行くかも」
みたいなことは相談されれば答えますし、色がうまく作れない時にアドバイスしたりはしたりします。

だから大人のアトリエでまっすぐ質問されると「ええっと・・・、コップの縁が回り込んでいく先に光と影が交錯するところがあって、そこに背後からも光がくるので、実際に一番くらい場所は淵からすこし内側にはいったところにある」なあんて、これでいいのかしらと思いながら試行錯誤しながら説明したりしています。

でも「なるほど」といわれると伝わったのかなとほっとしたり、作業しながらもみなさんおもしろそうに聞いてくださってるので、あれこれおしゃべりもはずみます。

みなさん前向きで自由に取り組んでくださるし、いろいろな大人の会話を楽しみながら過ごしています。私も元気なシニアでありたいと先輩たちから学んでいます。









  • 同じカテゴリー(アトリエ・コスモス)の記事画像
    寄り道・回り道する自由、失敗する自由
    6年生の日本画体験授業
    夏から秋へ!季節も人生も
    ハートアート展終了しました。
    ハートアート展、やってます!!
    「ハートアート展」ホームページできました
    同じカテゴリー(アトリエ・コスモス)の記事
     寄り道・回り道する自由、失敗する自由 (2017-10-19 23:26)
     6年生の日本画体験授業 (2017-09-16 11:27)
     夏から秋へ!季節も人生も (2017-09-04 11:54)
     ハートアート展終了しました。 (2017-08-01 14:41)
     ハートアート展、やってます!! (2017-07-27 22:50)
     「ハートアート展」ホームページできました (2017-06-06 08:39)

    この記事へのコメント
    確かに男性は、論理的に理解しようとするところがありますね。
    自分の場合は、さらに探求心が強いというか、ものの原理原則を知りたくなってしまいます。
    従って、その時の感情や気分で絵を描くのが苦手だと思っています。

    なので、先生のところのアートセラピーには、とても興味があります。
    自分の心の状態が、色彩でわかるのだろうか?などなど・・・・

    本当に、アトリエにお邪魔したいと思う今日この頃です。。。。。
    Posted by furu at 2017年06月18日 10:15
    人生はどんなに前向きに生きていても、いろいろな転機があります。

    色彩は、いわば論理的な思考からはなれて感情や魂の姿を教えてくれる「もうひとつの言葉」です。
    いま、furuさんが色彩が気になっているなら、心の中の何かが動き出しているか、その折り返し点のようなところに立っておられるのかもしれませんね。

    ご一緒に気軽に描けるような日がくるのを私も楽しみにしています。
    Posted by turuturu at 2017年06月18日 14:29
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    説明するってむずかしい
      コメント(2)